磐田・名波監督が続投!服部強化本部長「“やる”という言葉聞けた」 来季6年目指揮へ

[ 2018年12月9日 17:01 ]

8日のJ1参入プレーオフ決定戦・東京V戦の後半、大きな声で指示を出す磐田・名波監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 J1残留した磐田の名波浩監督の来季続投が9日、決まった。服部年宏強化本部長がこの日取材に応じ、「監督からも“やる”という言葉を聞けたので、来季もやってもらうことになった」と明らかにした。

 名波監督はJ2時代の14年9月に就任。16年にJ1復帰を果たすと、昨季はリーグ最少失点で6位に躍進した。今季は主力の多くをケガで欠く中、参入プレーオフの末にJ1残留。8日のJ2東京Vとの参入PO決定戦後に「少し時間をもらいたい」と進退を保留していたが、木村稔社長らの要請もあり、就任6季目の来季も指揮することを決断した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年12月9日のニュース