天皇杯盛り上げた“ジャイキリ弾”は関学大1年生山見のゴールに決定

[ 2018年12月9日 20:00 ]

 日本サッカー協会は9日、第98回天皇杯全日本選手権大会の「I DREAM Award」受賞ゴールに関西学院大のFW山見大登(1年)が2回戦のG大阪戦で決めたゴールに決定したと発表した。

 「I DREAM Award」は天皇杯の醍醐味といえる「ジャイアントキリング”(番狂わせ)」を起こして大会を盛り上げた「天皇杯を象徴するゴール」を選出・表彰するもので、2009年度の第89回大会から実施。今大会の受賞ゴールには、兵庫県代表の関西学院大が6月6日に行われた2回戦のG大阪戦(パナS)で後半47分に山見が決めたゴールが選出された。

 2回戦でJ1のG大阪を撃破した関西学院大は3回戦ではJ2東京Vに敗れたが、善戦して大会を盛り上げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月9日のニュース