日本代表 W杯予備登録メンバー35人から“落選”の8人は森重、興梠らか?

[ 2018年5月19日 09:51 ]

日本代表ガーナ戦メンバー発表

FC東京の練習後にファンと握手する森重(右)
Photo By スポニチ

 国内合宿メンバーから漏れたW杯予備登録選手は8人。関係者によると、会見で名前が挙がった久保、中島、小林、今野のほかに、杉本、興梠、森重、車屋が名を連ねたもようだ。

 合宿メンバー入りしたGK東口は顔面骨折から復帰間もなく、接触プレーがあれば再発の危険性がある。故障者の入れ替えは予備登録以外からも可能であるため、西川、林卓にもスタンバイ指令が出ている。西野監督は「キャンプ中の追加招集も当然、考えられる」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月19日のニュース