電撃解任のハリル氏 1円提訴へ!協会に慰謝料と謝罪文を要求

[ 2018年5月19日 05:30 ]

日本サッカー協会に謝罪文を求めるハリルホジッチ氏
Photo By スポニチ

 4月に日本代表監督を電撃解任されたハリルホジッチ氏(66)が日本サッカー協会を相手取った民事訴訟を準備している件で、慰謝料1円と謝罪文を求める方針を固めた。来週中に提訴する予定で、ハリル氏の代理人弁護士は「名誉回復の目的を強調するために、1円の慰謝料を求める手法は欧州ではよくあります。ハリルホジッチさんにもなじみがあるということで、踏襲しました」と説明した。

 日本協会に送った解任手続きの適法性などに関する質問状の回答は17日に届き「契約解除は有効」などと説明する内容だったという。日本協会側に訴状が届くのは6月中旬、第1回口頭弁論は7月中旬になる可能性が高くW杯中に裁判を強いられる最悪の事態は避けられる見通しだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月19日のニュース