三竿 代表最激戦区も“重圧”ない「自分の力を試せる」

[ 2018年5月19日 05:30 ]

日本代表ガーナ戦メンバー発表

3月のウクライナ戦で軽快な動きを見せた三竿健
Photo By スポニチ

 3月のマリ戦で初アシストを記録した22歳のホープも選出された。

 MF三竿健(鹿島)は2歳の時に98年フランス大会観戦に連れていかれたほど、W杯は身近な存在だった。守備的MFが多数選出された今回。「自分は常に(代表で)一番下だと思っている。他の選手たちには多少なりともプレッシャーがあるけど、僕は何もプレッシャーはない。思い切って自分の力を試せる」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年5月19日のニュース