ウエストハム次期監督、ペジェグリーニ氏が就任へ ベニテス氏引き抜き失敗で

[ 2018年5月19日 20:17 ]

 デビッド・モイーズ監督(55)の退任が決まったプレミアリーグ・ウエストハムの次期監督として、チリ出身のマヌエル・ペジェグリーニ監督(64)が就任する見通しであると、19日付の英紙デーリー・ミラー(電子版)が伝えた。

 ウエストハムはニューカッスルのラファエル・ベニテス監督(58)の引き抜きを画策していたが、失敗に終わった。そのため、ペジェグリーニ監督にターゲットを変更。現在、中国スーパーリーグ(1部)の河北華夏の監督を務めるペジェグリーニ監督だが、来シーズンからウエストハムを指揮する見通しだという。

 ペジェグリーニ監督は09〜10年にスペイン1部のレアル・マドリードを指揮。13〜16年にはプレミアリーグのマンチェスター・シティーを指揮し、13〜14年シーズンにはリーグ優勝に導いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月19日のニュース