東口“驚異の回復力”丈夫な体に感謝「W杯は夢見ていた舞台」

[ 2018年5月19日 05:30 ]

日本代表ガーナ戦メンバー発表

練習を終え会見するG大阪のGK東口
Photo By スポニチ

 G大阪GK東口は丈夫な体に感謝した。

 4月21日のC大阪戦で右頬と右眼窩(がんか)底骨折。全治3〜4週間の診断を受け一時は「ケガの度合いによっては“呼ばれないかもしれない”と頭をよぎった」という。だが驚異の回復力を見せ西野監督が視察に訪れた今月12日の横浜戦で戦列復帰。「何とか回復してくれて良かった」と自らの体をねぎらった。初のW杯出場へ一歩前進。「夢見ていた舞台。でも行くだけではなく、活躍したい」と気持ちを高めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月19日のニュース