今野&小林悠が誤算…西野監督 招集予定も「ケガで外した」

[ 2018年5月19日 05:30 ]

日本代表ガーナ戦メンバー発表

川崎Fの全体練習に参加せず、足にテーピングを巻いて引き揚げる小林
Photo By スポニチ

 西野ジャパンに“誤算”が生じた。指揮官はG大阪のMF今野泰幸(35)と川崎FのFW小林悠(30)に関し、当初はガーナ戦に向けたメンバーに招集する予定だったことを示唆した上で、ケガにより「この期間での復帰が望めないのでやむなく外した」ことを明かした。

 今野は15日の練習で以前に痛めていた右足首の状態が悪化。この日の練習も欠席した。手術は避けられない状況のようで、3大会連続となるW杯出場は絶望的な状況。西野監督はG大阪の監督時代から今野を熟知しており、この日も「経験値があり、欠かせない評価をしていた」と無念の表情をのぞかせた。

 一方、小林はMRI検査の結果、痛めていた左ふくらはぎの肉離れが判明。ただし、全治は2週間ほどで、小林自身は「凄く残念」と悔しがった一方、予備登録35人の中に入っており、最終メンバー入りの可能性はまだ残されているだけに「可能性がある限りベストを尽くす」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月19日のニュース