横浜5発逆転!仲川2発で貢献「序盤は出場機会がなかったけど…」

[ 2018年5月19日 18:10 ]

明治安田生命J1第15節第1日   横浜5―2長崎 ( 2018年5月19日    日産ス )

<横浜・長崎>後半、横浜・仲川(左)はゴールを決めガッツポーズ
Photo By スポニチ

 横浜は19日にホームで長崎と対戦し、5―2で勝利した。5得点は今季最多得点で、4月28日の鹿島戦以来リーグ4戦ぶりの勝利を挙げた。

 1―2の後半15分、FW仲川がゴール前のこぼれ球を見逃さず同点弾を挙げると、チームは勢いづきそこから3得点で相手を突き放した。2得点で勝利に貢献した仲川は「自分のゴールが逆転につながり、勝てて良かった。シーズン序盤は出場機会がなかったけど、チャンスをつかむかつかまないかは自分の実力。準備を怠らずにやってきたことが良かった」と話した。

 また、試合を観戦した古川社長は「大量得点で圧倒して勝つという一つの目指すべきサッカーが見えてきた。ポステコグルー監督には信頼していると伝えている」と指揮官を評価し、継続したサポートを約束した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年5月19日のニュース