韓国 連覇でW杯弾み!指揮官「選手は自信を取り戻した」

[ 2017年12月17日 05:30 ]

E―1選手権   韓国4―1日本 ( 2017年12月16日    味スタ )

日本を下し、E−1選手権を優勝した韓国イレブン
Photo By スポニチ

 韓国が4点を奪う逆転勝ちで2連覇を果たした。最終予選では苦戦続きだっただけに、シン・テヨン監督は「優勝したことで選手は自信を取り戻したのではないか。W杯に向け、余裕と自信を持って準備をしていける」と喜んだ。

 1点を追う前半13分に左クロスを長身FWのキム・シヌクが頭で決めると波に乗り、力強い攻撃で日本を押し込んだ。指揮官は「勝敗とは別に韓国、日本にとって、それぞれの弱点を見つめ直すいい機会にもなった」と穏やかな表情で語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2017年12月17日のニュース