昌子 マーク外され失点「この悔しさを忘れてはいけない」

[ 2017年12月17日 05:30 ]

E―1選手権   日本1―4韓国 ( 2017年12月16日    味スタ )

<日本・韓国>前半、FWキム・シヌク(左)と競り合うDF昌子
Photo By スポニチ

 DF昌子は歴史的大敗を猛省した。先制直後の前半13分、相手の右クロスにマークを外され、1メートル97の長身FWキム・シヌクに頭で叩き込まれ失点。その後は最終ラインを高く保てず後手に回った。

 3戦とも主将マークを巻いた守備の要は「相手は隙がなかった。凄い良い守備をしていた」と宿敵との差を痛感。表彰式ではブーイングを浴び、「情けない試合をしたメッセージだと思う。この悔しさを忘れてはいけない」と必死で切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2017年12月17日のニュース