21歳三竿 厳しい初陣も前向き「いい目標できた」

[ 2017年12月17日 05:30 ]

E―1選手権   日本1―4韓国 ( 2017年12月16日    味スタ )

 MF三竿が念願の代表デビューを果たしたが、インパクトは残せなかった。

 1―3の後半21分に井手口と代わってダブルボランチの一角に入ったが、その3分後に失点。悪い流れを断ち切ることはできなかった。「チャンスが来ると思っていたので焦ることはなかった」と振り返った21歳は「今の時点ではW杯で通用しない。いい目標ができた」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2017年12月17日のニュース