レスターのエース FWバーディー 移籍の可能性浮上 エバートンが動く 英紙報道

[ 2017年6月5日 19:29 ]

 日本代表FW岡崎慎司(31)が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・バーディー(30)が移籍する可能性が浮上した。

 4日付の英紙デーリー・エクスプレスは、エバートンがバーディーの獲得に動く考えがあると報道。今季リーグ2位の25ゴールを挙げたFWルカクが、マンチェスターU、チェルシーなどへ移籍する可能性が浮上しており、その後釜としてレスターのエースを最上位にリストアップしているという。

 アマチュアのイングランド8部から這い上がった“シンデレラストーリー”で話題となったバーディーは、15〜16年に自己最多の24ゴールを挙げてレスターのプレミアリーグ初制覇に大きく貢献。昨夏にアーセナルからの獲得オファーを断り、週給10万ポンド(約1430万円=年俸換算で約7億4360万円)の新契約を結んで残留していた。同紙によると、今回はエバートン行きを決断する可能性があるということで、今季チーム最多のリーグ13得点を挙げた背番号9が抜ければ、岡崎の起用法にも大きな影響が出そうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年6月5日のニュース