大岩鹿島初陣3発!前監督解任から4日、独自色出し攻撃に連動

[ 2017年6月5日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ・第14節   鹿島3-1広島 ( 2017年6月4日    Eスタ )

<鹿島・広島>試合に快勝し、サポーターに手を振る大岩監督
Photo By 共同

 王者・鹿島が大岩新監督の初采配を白星で飾った。前半14分にMF中村が右足で先制ゴール。今季の公式戦で初めて、前半15分以内に得点が生まれた。同30、43分にはMFレアンドロが追加点を挙げた。今季のJ1出場数は中村が6、レアンドロがわずか5。抜てきした選手が期待に応え、大岩監督は「僕自身もうれしいし、選手が喜んでいると思う」と笑みをこぼした。

 石井前監督解任から試合まではたった4日間。ボールをシンプルに動かすこと、積極的にボール保持者を追い越すことの2点を攻撃の狙いとして簡潔に説いた。試合中は汗でポロシャツを4枚も替えたほどで、チームドクターによれば脱水症状が見られたほど全力を尽くした90分間。新監督は「ホッとしているというのと、90分長かったなというのが正直な感想」と息をついた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年6月5日のニュース