浅野は別メニューも「僕自身はやれると思っている」 日本代表東京合宿スタート

[ 2017年6月5日 20:20 ]

別メニューで調整する浅野
Photo By スポニチ

 サッカーの日本代表は5日、W杯アジア最終予選イラク戦(11日、テヘラン)に向け、東京合宿をスタートした。

 右アキレス腱を痛めている日本代表FW浅野拓磨(22)は、別メニューで調整。状態について「まだ全然分からないが、僕自身はやれると思っている。しっかりドクターとトレーナーと相談したい」と話した。

 痛めたのは「(欧州組合宿の)2日目くらいから」だったという。「痛くて休むという選択肢は僕の中ではない。やっていたら治るかなと思っていたら、日に日に(痛みが)増していった」と振り返った。2日後のシリア戦に向けては「そこでアピールして次の試合につなげたいと思っていた。(出場の可能性は)ゼロではないので諦めていないが、どうなるかな…という感じ」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年6月5日のニュース