ジダン監督、名将サッキ氏に並んだ!1年5カ月で2度欧州制覇

[ 2017年6月5日 05:30 ]

欧州CL決勝   レアル・マドリード4―1ユベントス ( 2017年6月3日 )

<Rマドリード・ユベントス>ビッグイヤーを手に笑顔を見せるジダン監督
Photo By AP

 レアル・マドリードのジダン監督が就任1年5カ月で2度の欧州制覇を果たした。前身の欧州チャンピオンズ杯でACミランを89、90年と連覇に導いた名将サッキ氏に肩を並べたが「世界最高の監督?とんでもない。選手が役割を果たしてくれたおかげ」と謙虚に語り、表彰台でも後方で控えめに喜んだ。

 初のフルシーズンとなった2季目はローテーション制を導入。C・ロナウドら主力の体調を管理するとともに、控え選手の出場機会を与えてやる気を引き出し5季ぶりの国内リーグ制覇に導いた。欧州カップ戦との2冠達成は1958年以来クラブ59季ぶりの快挙で、ペレス会長は「世界最高の選手が今や世界最高の監督だ。生涯レアルに残ってほしい」と絶賛した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月5日のニュース