大宮・伊藤新監督初陣「評価」のドロー 後半に江坂が同点弾

[ 2017年6月5日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ・第14節   大宮1―1鳥栖 ( 2017年6月4日    NACK )

<大宮・鳥栖>後半27分、ゴールを決めた江坂(右)と抱き合う伊藤監督(左から2人目)
Photo By スポニチ

 大宮は1―1で引き分け、伊藤新監督のリーグ戦初戦を白星で飾れなかった。前半17分に先制されたが、後半27分に江坂が頭で決めて追いついた。

 前節の柏戦からスタメンは7人入れ替わった。ルヴァン杯磐田戦に続いて2戦連発の江坂は「全員フラットなので、結果を残さないとスタメンから外される」と横一線の競争を強調した。伊藤監督も「失点しても最後まで戦えたのは評価できる。次の試合につなげたい」と前向きに捉えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年6月5日のニュース