浦和・武藤 先制点呼んだ興梠の絶妙スルーに「コンビネーション生かせた」

[ 2017年3月4日 16:31 ]

明治安田生命J1リーグ第2節   浦和3―1C大阪 ( 2017年3月4日    埼玉 )

浦和―C大阪 後半、3点目のゴールを決めた浦和・ラファエルシルバ(中央)と喜ぶ武藤(左)と興梠
Photo By 共同

 浦和がホーム開幕戦を快勝。FW武藤の活躍が光った。

 前半22分にDF遠藤の縦パスをFW興梠がスルーし、エリア前でボールを受けた武藤がゴール。「興梠さんといつも練習でやっているコンビネーションが生かせた良いゴールだったと思います」と絶妙な連携から生まれた先制点を振り返った。

 同37分には前線からの果敢な守備でボールを奪取。2点目の起点となり「前から守備に行けということを言われてますので、ああいうゴールが出たのはキャンプでやってきた練習の成果だと思います」と胸を張った。

 先月25日の開幕戦は、終盤に立て続けに失点して逆転負け。「ここから全部勝てるようにチーム一丸となって頑張っていきます」と3ゴールの快勝に沸くサポーターへ誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年3月4日のニュース