横浜、開幕連勝で暫定首位 キレッキレ斎藤学が先制アシスト、全3点絡む

[ 2017年3月4日 20:55 ]

横浜―札幌 後半、先制ゴールを決め、喜ぶ横浜のバブンスキー(左)
Photo By 共同

 明治安田生命J1リーグは4日、各地で第2節が行われ、横浜が3―0で札幌を下して開幕から2連勝をマーク。暫定順位ながら得失点差で首位に立った。今季昇格した札幌は開幕2連敗。5年ぶりのJ1白星は次節以降に持ち越しとなった。

 横浜は後半2分、日本代表MF斎藤が左サイドから出した浮き球のパスにMFバブンスキ―がペナルティーエリア内で左足を合わせるボレーシュートで先制。同9分には、ドリブルで駆け上がった斎藤のシュートのこぼれ球をFW富樫が右足で押し込んで2点をリードすると、同28分にはMF天野が斎藤とのワンツーから左クロスを上げ、途中出場していたFWウーゴ・ヴィエイラが右足で豪快に決めた。斎藤はチームの全3得点に絡む大活躍だった。

 J1第2節の残り2試合は5日に行われ、開幕戦で首位に立った柏はホームでG大阪と、2位発進の川崎Fはホームで鳥栖と、それぞれ対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年3月4日のニュース