鹿島 今季J1初勝利、GK権純泰が同点PK阻止「本当に良かった」

[ 2017年3月4日 20:14 ]

明治安田生命J1リーグ第2節   鹿島1―0甲府 ( 2017年3月4日    中銀スタ )

<甲府・鹿島>後半、ウイルソン(左)のPKを止める権純泰(右から2人目)
Photo By スポニチ

 昨季王者の鹿島が敵地で甲府を破り、今季J1初勝利を挙げた。1―0で迎えた後半ロスタイムに与えたPKを防いだGK権純泰(クォンスンテ)は「本当に良かった」と安どした。先月28日のACL第2戦・ムアントン(タイ)戦では後半ロスタイムに失点したばかり。「(PKの前は)思い出していた。だから絶対に止めてやろうと思った」と集中力を高め、見事にFWウイルソンのコースを読み切ってセーブした。

 試合終了後はアウェーの地に駆けつけたゴール裏のサポーターに向かってGKグローブを投げ入れて感謝を表現。「これからは毎試合投げ入れてあげようと思っている」と連覇に向け連勝を誓った。石井監督からは「(GK曽ケ端と)お互い刺激し合っているのが彼のいいパフォーマンスにつながっている」と活躍を称えられた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年3月4日のニュース