仙台移籍のFC東京・平山 感謝のラスト弾「支えてもらった」 

[ 2016年12月25日 05:30 ]

天皇杯準々決勝   FC東京1―2川崎F ( 2016年12月24日    味スタ )

<FC東京・川崎F>後半、ロスタイムにゴールを決め喜ぶ平山
Photo By スポニチ

 FC東京は、後半ロスタイムに途中出場の平山が決めて1点返したが、1−2で敗退した。

 仙台への移籍が内定している平山は11年在籍したクラブでこれが最後のゴール。「FC東京では何度もケガをしたが、クラブに支えてもらった」と感謝。31歳となったストライカーは「チームが勝つゴールを決めて恩返ししたかった」と勝利に結びつかずに残念そうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月25日のニュース