横浜 天野が千金弾「打てば入る感覚があった」

[ 2016年12月25日 05:30 ]

天皇杯準々決勝   横浜2―1G大阪 ( 2016年12月24日    日産ス )

<横浜・G大阪>後半ロスタイム、決勝ゴールを決める天野(右)
Photo By スポニチ

 横浜MF天野の神ってる一撃で3年ぶりの4強進出を決めた。後半ロスタイムに左足で決勝のミドル弾をゴールに突き刺した。「今日は体重も乗っていたし、打てば入る感覚があった」。

 11月12日の天皇杯4回戦の新潟戦でもFKで後半ロスタイム弾を決めており、2戦連続で勝利の立役者となった。左膝痛から復活のMF中村も後半42分から約3カ月ぶりに実戦復帰した。29日の準決勝ではクラブW杯準優勝の鹿島と激突する。DF中沢は「世界2位に勝てば世界1・5位ですね」と気合十分だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月25日のニュース