鹿島、創設25年で初のピンクユニホーム 来季アウェー用に採用

[ 2016年12月25日 12:00 ]

鹿島の来季のアウェーユニホーム。写真はFW土居
Photo By 提供写真

 鹿島の来季のアウェーユニホームに、クラブ創設以来初めてピンクが採用されることが分かった。ピンクと緑は互いの色を最も目立せる補色の関係。アウェーの芝の上でも鹿島イレブンが強いインパクトを与えられるように、という狙いがある。

 ホームユニホームは従来通りアントラーズレッドと紺色の組み合わせ。これまではアントラーズレッドが基調だったが、来季は初めて紺がベースとなる。

 今季はJリーグ年間勝ち点2位の川崎F、同1位の浦和をチャンピオンシップで下して09年以来のJリーグ年間王者に君臨。12月のクラブW杯でも日本勢最高の準優勝に輝くなど、好成績を残した一年だった。来季はクラブ創設25周年のメモリアルイヤー。節目の年に、新ユニホームでタイトルの上積みを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月25日のニュース