浦和 興梠が右脚骨折…全治不明も今季中の復帰を目指す

[ 2014年10月27日 17:37 ]

 J1浦和は27日、FW興梠慎三(28)が右腓骨骨折と診断されたと発表した。26日にカシマスタジアムで行われた鹿島戦で終盤に負傷し、後半41分に交代した。全治は不明。クラブは今季中の復帰を目指し、治療するとした。

 興梠は今季J1の全30試合に先発し、チーム最多の12得点をマークしている。

 8年ぶりのリーグ優勝を目指す浦和は、残り4試合で2位のG大阪と勝ち点3差の首位に立つ。ただ、最近3試合は2分け1敗と勝ち点が伸び悩んでおり、今季チームを引っ張ってきたエースFWの負傷離脱の影響が懸念される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年10月27日のニュース