大宮 ミスミス連敗…家長「自分たちで試合を壊してしまった」

[ 2014年10月27日 05:30 ]

J1第30節 大宮1―2神戸

(10月26日 ノエスタ)
 大宮は3連勝の後、手痛い2連敗となった。前半20分にカルリーニョスが左足ミドルシュートで今季初得点となる先制点。

 しかし、その後は不用意なパスミスやファウルで流れを手放し、家長は「自分たちのミスが増え、試合を壊してしまった」と力なく話した。J1残留をかけ、残り4試合に臨む。渋谷監督は「選手は死力を尽くしてくれた。ベストを尽くしたことが次につながる」と自らに言い聞かせていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年10月27日のニュース