清武 ベストイレブン選出 移籍1号FK弾で連敗止めた!!

[ 2014年10月27日 05:30 ]

<ドルトムント・ハノーバー>後半、今季初ゴールを決め喜ぶ清武

ブンデスリーガ第9節 ハノーバー1―0ドルトムント

(10月25日)
 ハノーバーのMF清武が26日付のドイツ紙ビルトで24、25日の7試合におけるベストイレブンに選ばれた。25日のドルトムント戦で後半16分、約20メートルの直接FKを決めて1―0の勝利に貢献。移籍後初ゴールでチームの連敗を3で止めたことが評価された。

 リーグ公式サイト(英語版)は「清武がドルトムントに今季6敗目をもたらした」と報じ、鮮やかなFK弾を“キヨタケ・スペシャル”と表現。C大阪時代に同僚だったドルトムントMF香川との日本人対決を制し、清武は「自分は常に真司君を目指しているし、同じピッチに立ててうれしかった」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年10月27日のニュース