南ア代表主将のGKメイワ選手、強盗に襲われ射殺される

[ 2014年10月27日 10:23 ]

射殺された南アフリカ代表のGKセンゾ・メイワ選手

 サッカーの南アフリカ代表GKで主将を務めるセンゾ・メイワ選手(27)が26日、射殺された。英BBC放送(電子版)やロイター通信などが報じた。地元メディアの報道によると、ヨハネスブルク近郊の恋人の家で強盗に襲われたという。

 メイワ選手は同国の強豪オーランド・パイレーツに所属。昨年からプレーしている代表チームでは、アフリカ選手権の予選にも出場していた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年10月27日のニュース