神戸 苦しみながらも6試合ぶり勝利の美酒

[ 2014年10月27日 05:30 ]

<神戸・大宮>後半7分、決勝ゴールを決めるマルキーニョス(左から2人目)

J1第30節 神戸2―1大宮

(10月26日 ノエスタ)
 神戸は苦しみながらも神戸が6試合ぶりの勝利を手にした。前半20分に先制を許したが8分後に鄭又栄(チョンウヨン)の直接FKで同点。後半7分には森岡のスルーパスに抜けだした小川がクロスを入れ、フリーのマルキーニョスが頭で押し込んで逆転した。

 ただ、久々の勝利の喜びに浸りきることはできない。残留争いの相手を圧倒するどころか前半は受けに回り、ハーフタイムにはロッカーで選手同士が言い争う場面も。日本代表MF森岡は「勝てたことでよかったという気持ちはあるけど、下位の大宮にこれだけ苦労した。まだまだ上位とあるので、もっと厳しい試合になると思う」と気を引き締めた。

 目指すはACL出場圏内の3位。鳥栖、G大阪、川崎Fらライバルとの対戦を残すだけにチャンスはある。今季序盤に見せた攻撃サッカーの復活が残り4試合のカギを握る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年10月27日のニュース