川崎F 赤っ恥下位に痛恨の逆転負け勝負弱さを露呈

[ 2014年10月27日 05:30 ]

J1第30節 川崎F1―2甲府

(10月26日 中銀スタ)
 川崎Fは、下位クラブに痛恨の逆転負け。浦和との勝ち点差は7で優勝が極めて厳しい状況になり、大久保が勝負弱いチームを切り捨てた。

 引いた相手を最後まで崩せず「ひどすぎる。どこに動いてもパスが来ない。こんな試合をしているようでは優勝できるチームじゃない。甲府に圧倒されてるようでは優勝してもうれしくない」とばっさり。今季15ゴールで得点ランクトップに立つが、2位のマルキーニョスに1点差に迫られ「得点王?無理でしょ。ペナルティーエリア内でシュートが打てないから」と嘆いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年10月27日のニュース