伯父に続くぞ!四中工DF中田「ここまで来たら優勝しかない」

[ 2014年1月11日 05:30 ]

全国高校サッカー選手権準決勝 四日市中央工―富山第一

(1月11日 国立)
 偉大な叔父が立ったピッチで大暴れする。静岡県裾野市内で約1時間半調整した四日市中央工(三重)のDF中田(2年)は、帝京と優勝を分け合った91年度大会メンバーの中田一三氏(元横浜Fなど)のおい。いとこの川本将太郎氏も、同校で2年前に準優勝しており、叔父から「おまえも立てと言われていた。ここまで来たら優勝しかない」と意気込んだ。

 「トレーニング方法などでアドバイスしてくれた」という一三氏は準決勝を観戦予定。「気持ちでプレーしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月11日のニュース