U―21代表・手倉森監督 初陣へ意気込み「優勝も目指す」

[ 2014年1月11日 22:23 ]

U―21日本代表の練習を見る手倉森監督(左)

 2016年リオデジャネイロ五輪を目指すサッカー男子のU―21(21歳以下)日本代表は12日(日本時間13日未明)、オマーンのマスカットで開催されるU―22アジア選手権1次リーグC組の初戦でイランと対戦する。11日は現地で最終調整し、手倉森監督は初陣に向け「五輪への準備とともに、優勝も目指す」と意気込みを語った。

 晴天で涼しい風の吹く好条件の下で練習し、MF石毛(清水)やFW鈴木(新潟)らが集中した様子でミニゲームなどに取り組んだ。

 U―22アジア選手権は新設の大会で、次回大会はリオデジャネイロ五輪の予選を兼ねる予定。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月11日のニュース