富山第一 大塚父子鷹で富山県勢初の決勝進出を狙う!

[ 2014年1月11日 05:30 ]

全国高校サッカー選手権準決勝 富山第一―四日市中央工

(1月11日 国立)
 富山第一(富山)は父子鷹で県勢初のファイナル進出を狙う。茨城県鹿嶋市内で調整し四日市中央工との一戦に万全の準備を整えた。

 大塚一朗監督の次男で、背番号10を背負う主将のMF大塚翔は「目標は日本一になること」と高らかに宣言。大黒柱の大塚や現在4得点で得点ランク首位のFW渡辺が中心となり、今大会最多の11得点を叩き出している攻撃力を武器に、99年度、00年度と2度阻まれた準決勝の壁を突破するつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月11日のニュース