INAC神戸 石原監督が退任…後任には星川氏らをリストアップ

[ 2014年1月11日 05:30 ]

INAC神戸を史上初の4冠へと導いた石原孝尚監督

 INAC神戸は石原孝尚監督(36)が契約満了に伴い31日をもって退団すると発表した。

 12年にヘッドコーチ、13年に監督に就任した石原氏は昨季、史上初の4冠を達成。クラブは続投の要請をしていたが本人から次のステップに行きたいとの申し出があり退団に至った。クラブは下旬に始動することもあり既に後任の人選に着手。前監督で昨季は欧州のチームで研修をしていた星川敬氏(37)やJリーグ経験者ら複数人をリストアップしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月11日のニュース