J2福岡新社長に野見山氏 経営危機立て直し急務

[ 2013年12月24日 20:40 ]

 経営危機が表面化したJ2福岡は24日、臨時取締役会を開き、新社長に日本サッカー協会の技術委員会副委員長などを務めた野見山篤氏(57)が就任すると発表した。来年1月に開かれる臨時株主総会の承認を経て正式決定となる。

 野見山氏は福岡県飯塚市出身。J1鹿島で育成部強化担当部長などを歴任。日本協会でも技術委員会副委員長や代表チーム部長などを務めた。

 福岡は給与遅配の可能性が出るなど経営が悪化し、大塚唯史社長が辞任していた。チームは2011年シーズンにJ1で17位となり、J2に降格。今季のJ2では14位だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月24日のニュース