宮市はベンチ外 アーセナル、引き分けで2位後退

[ 2013年12月24日 07:46 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグで23日、アーセナルの宮市亮はホームのチェルシー戦でベンチ外だった。アーセナルは0―0で引き分けて勝ち点36となり、前節の首位から2位に後退した。

 強豪同士が激突した一戦は両者とも譲らず引き分け、アーセナルは勝ち点でリバプールに並ばれた。後半40分のジルーのシュートなど、少ないながらも決定機はあっただけにベンゲル監督は「勝ち点2を失った。後半は何度かチャンスがあったが」と悔しがった。

 一方、チェルシーは鋭いカウンター攻撃と堅固な守備で危なげなかった。首位との勝ち点差は2。モウリーニョ監督は「勝てなかったのは残念だが、負けなかったから良かった」と及第点をつけた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月24日のニュース