大迫 ブンデスリーガ視察していた 現地クラブと接触?

[ 2013年12月24日 05:30 ]

鹿島FW大迫

 今冬の欧州移籍を目指す鹿島の日本代表FW大迫がドイツのブンデスリーガを視察していたことが判明した。

 フランクフルトに滞在して1、2部の複数の試合をチェック。23日に帰国し「遊び(に行っただけ)です」と説明したが、水面下で現地のクラブと接触した可能性もある。鹿島との契約を2年残すが、違約金は推定3000万円に設定され、大きな障害にはならないため、今後の動向から目が離せない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月24日のニュース