G大阪・遠藤 コートジボワール警戒「一番強かった」

[ 2013年12月24日 07:37 ]

大阪市内でのサイン会で、色紙を手渡すG大阪MF遠藤

 J1復帰が決まっているG大阪のMF遠藤が23日、来年のブラジルW杯1次リーグで対戦するコートジボワールを「アフリカ勢ではずば抜けて良いチーム」と警戒した。10年6月に親善試合で対戦し、0―2で完敗。「06年のドイツ大会からの4年間で戦った中では一番強かった。個人の能力が高いし、試合を決められる選手が多かった」と振り返った。

 大事な初戦の相手だけに「当時とは選手も違うので、これから分析したい。自分たちも成長しているし、後手に回らないこと」と抱負。白星スタートへ向けて「我慢強く戦って、勝ち点3を目指したい」と意気込んだ。

 この日は大阪市内で今年最後の公式イベントとなるサイン会を開催。集まったサポーターを前に「来季はJ1で今まで以上の試合を見せたい」とあいさつして大きな拍手を浴びた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月24日のニュース