モンテレイ監督「柏はいいプレーをした」

[ 2011年12月11日 22:57 ]

PK戦で林に決められ悔しがるモンテレイのGKオロスコ

クラブW杯準々決勝 柏1―1(PK4-3)モンテレイ

(12月11日 豊田)
 初出場のモンテレイは前半に得点を奪えなかったのが響いた。メキシコ勢らしい高い個人技と素早いパス回しで何度も決定機をつくったが、シュートがポストに嫌われるなどして、ものにできなかった。

 後半13分にチリ代表FWスアソのゴールで追い付いたが、終盤は息切れ。ブセティク監督は 「拮抗した試合だった。前半は攻めていたが、うまく点が取れなかった。柏はいいプレーをした。いい驚きだった。PK戦は運が左右する。それで試合を失った」と試合を振り返り、「いい経験にして、次のステップにつなげたい」と、エスペランスとの5位決定戦に気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月11日のニュース