G大阪 山口 浦和入りの可能性も 年俸大幅ダウンで保留中

[ 2011年12月11日 07:00 ]

山口(手前)には絶大な信頼を寄せている西野氏

 西野氏を新指揮官として迎える浦和がG大阪の元日本代表DF山口智(33)の獲得に乗り出す可能性も出てきた。

 浦和は既に柏、G大阪で腹心を務めたブローロ・フィジカルコーチ(49)の入閣が浮上しているが、“西野チルドレン”が浦和入りすることも考えられる。

 最有力候補はDF山口だ。33歳ながら今季も30試合に出場し、最終ラインを支え続けた。しかし、若返りを図るG大阪から推定年俸5000万円からの大幅ダウン提示を受け、態度を保留している。

 「今季のプレーはかなり良かった」と西野氏は変わらぬ信頼を寄せており、その意向をくみ浦和が獲得へ動くことは十分ありうる。就任が正式に決まれば本格的に動きだすことが予想され、浦和と西野氏から目が離せなくなりそうだ。

 ◆山口 智(やまぐち・さとし)1978年(昭53)4月17日、高知県生まれの33歳。市原ユースに所属していた96年に市原(現J2千葉)でJデビュー。01年にG大阪に移籍し、オシム監督の下で日本代表入りも経験した。本職はセンターバックだが、ボランチ、サイドバックもこなす。1メートル78、73キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月11日のニュース