長友 ラッキーな初得点「何か起こるだろうと思って行った」

[ 2011年12月11日 17:02 ]

フィオレンティナ戦で今季初得点を決め、ファラオニ(右)と喜ぶインテル・ミラノの長友

イタリアセリエA インテル・ミラノ2―0フィオレンティーナ

(12月10日)
 インテル・ミラノの長友が、少し幸運な今季初得点を挙げた。

 1―0の後半4分、左サイドでパッツィーニがボールを受けると「狙っていった」とゴール前へダッシュ。速いパスを受けてトラップが乱れたが、構わずに突進すると、相手クリアが体に当たってボールはゴールへ転がり込んだ。「どこに当たったかよく覚えていない。諦めず、何か起こるだろうと思って行った結果、入った」と笑った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月11日のニュース