アルサドがバルサへの挑戦権!コニ「勝つ可能性は10%くらい」

[ 2011年12月11日 19:25 ]

<エスペランス―アルサド>後半、2点目のゴールを決め祝福されるアルサド・コニ(中央)

クラブW杯準々決勝 アルサド2-1エスペランス

(12月11日 豊田)
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制したアルサドが初戦を突破し、バルセロナへの挑戦権を手にした。フォサティ監督は「世界で最高のチームと対戦できるのは本当に特別なこと」と素直に喜んだ。

 後半4分に貴重な追加点を決めたコニ主将は、準決勝に向け「レアル・マドリードでさえ四十パーセントくらいしか勝つチャンスはない。アルサドが勝つ可能性は十パーセントくらいかな」と現実的に予想した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月11日のニュース