柏 酒井が強行出場を志願!高速クロスで世界2勝目狙う

[ 2011年12月11日 06:00 ]

練習で水野(右)と話す酒井

クラブW杯準々決勝 柏―モンテレイ

(12月11日)
 柏のU―22日本代表DF酒井宏樹(21)が強行出場を志願した。J1王者の柏は11日のトヨタ・クラブW杯準々決勝モンテレイ(メキシコ)戦に向け、10日に豊田市内で一部非公開の練習を実施。8日のオークランド戦で左膝を負傷した酒井はこの日から合流し、軽めの調整で汗を流した。

 患部に痛みは残っているものの「試合ができない痛みではない。監督から“やれ”と言われたらやります」と臨戦態勢であることを強調した。ネルシーニョ監督は酒井の状態について「メディカルからいい回復傾向にあると聞いている」と語り「あすを待ちたい」と起用を検討している。

 酒井はFIFAの公式サイトで“日本のダニエウ・アウベス”とブラジル代表のサイドバックに例えられるなど、世界からの評価もうなぎ上り。万全の状態ではないものの、世界を驚かす高速クロスを披露し、チームを世界2勝目に導く。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月11日のニュース