ベンゲル監督認めた!宮市移籍に「可能性は除外しない」

[ 2011年12月11日 07:35 ]

 ベンゲル監督は9日、FW宮市亮を1月の移籍市場で期限付き移籍させる可能性を認めた。

 バランシエンヌ(フランス)やセルティック(スコットランド)などが移籍先の候補と報じられてきた中で「現時点では何もないが。彼はプレーすることが必要」と発言。「1月上旬に決める」と説明した。左足首を痛めている宮市は1月から戦列に復帰するとみられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月11日のニュース