G大阪、甲府FWパウリーニョも!清水GK武田も!

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 G大阪は、J2降格が決定している甲府のFWパウリーニョ(29)獲得も決定的な状況だ。

 パウリーニョには鹿島やJ2京都なども興味を示していたものの、G大阪が争奪戦を制したもようだ。パウリーニョは1メートル68、62キロと小柄ながら、スピードに乗ったドリブル突破と正確なシュートが持ち味。今季はリーグ28試合10得点だがチャンスメーカーとしても非凡な才能を持っており、攻撃サッカーを継続するクラブにとってはうってつけの人材だ。

 <GK武田は1年レンタル濃厚>GK太洋一の退団に伴い、今季途中に清水から新潟に期限付き移籍している元U―20代表GK武田洋平(24)の獲得にも動いていることが5日、分かった。清水からの1年間レンタル移籍が濃厚。武田は1メートル90、81キロの大型GKで、新潟ではリーグ4試合出場にとどまった。GK藤ヶ谷が健在で、第2GKのポジションを争うことになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース