DF今野、G大阪移籍濃厚 3年契約、年俸1億円

[ 2011年12月6日 06:00 ]

劇場版「名探偵コナン」で声優に挑戦した今野

 J2FC東京の日本代表DF今野泰幸(28)のG大阪移籍が濃厚となったことが5日、明らかになった。

 来季、新監督の下で再スタートを切るG大阪にとって守備の立て直しは急務。新戦力として日本代表でもセンターバックのレギュラーを務める今野に白羽の矢を立てた。3年契約、年俸1億円(推定)でまとまるとみられる。

 日本代表DF今野の去就問題が大きく動いた。今季J1ワースト6位タイの51失点を喫したG大阪は守備の立て直しが急務として代表クラスのDF補強を画策。11月下旬に今野に対し3年契約、年俸1億円という破格の条件で正式オファー。関係者によれば、リーグ戦終了翌日の4日を回答期限としたが、これまでに好感触を得たという。

 今野は今季J2で33試合1得点。主将としてFC東京をけん引し、守備の要としてリーグ最少22失点の堅守を支えた。対人プレーや危機察知能力に優れたセンターバックで、ザックジャパンでは唯一全試合フル出場を続けている。またサイドバック(SB)でのプレーも可能。G大阪にとっては選手層が薄かった右SBの問題も解決できる。

 西野朗監督(56)の退任が決まったG大阪は現在、元日本代表FW呂比須ワグナー氏(42)を新監督の筆頭候補として交渉中。今野が加入すれば、新指揮官にとってこれ以上ないプレゼントとなる。

 ◆今野 泰幸(こんの・やすゆき) 1983年(昭58)1月25日、宮城県仙台市出身の28歳。東北高から札幌を経て、04年FC東京に加入。04年アテネ五輪出場。05年日本代表に初選出され、10年W杯南アフリカ大会出場。国際Aマッチ通算55試合1得点。1メートル78、73キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース