バッジョ氏、プラティニ氏ら殿堂入り

[ 2011年12月6日 12:54 ]

 サッカー元イタリア代表のロベルト・バッジョ氏、イタリア1部リーグ(セリエA)のユベントスで活躍したミシェル・プラティニ氏(欧州サッカー連盟会長)が5日、イタリア協会の第1回サッカー殿堂入りした。

 同国代表監督を務めたアリゴ・サッキ氏とマルチェロ・リッピ氏、往年の名ストライカー、ルイジ・リーバ氏、元主審のピエルルイジ・コリーナ氏らも選出された。(AP=共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース