レアンドロ“ドキドキ”MVP「実際に獲れてうれしい」

[ 2011年12月6日 06:00 ]

壇上で笑顔の柏・ネルシーニョ監督(左)、レアンドロ・ドミンゲス(右)、酒井(中央後方)

Jリーグアウォーズ

(12月5日 横浜アリーナ)
 MVPを受賞したレアンドロ・ドミンゲスは「チームメートや家族に“MVPはおまえだ”と言われてドキドキしていたが、実際に獲れてうれしい」と話した。

 J2時代の昨季から柏に所属する助っ人は今季J1で30試合に出場し15得点をマークし、チームを初優勝に導いた。トヨタ・クラブW杯に向けては「一試合一試合勝つこと」と切り替えていた。

 【ベスト11喜びの声】

 ▼名古屋・闘莉王 楽しかった。大変なシーズンだったので、一緒に戦った熱い仲間に感謝したい。

 ▼名古屋・楢崎 最少失点の林(仙台)や、優勝した柏の菅野の方がふさわしい。びっくり。

 ▼G大阪・遠藤(9年連続ベストイレブン)精いっぱいプレーした。1年間通して楽しめました。

 ▼C大阪・清武 1年間充実したシーズンだった。まだまだ成長しないといけない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース