“スペインの至宝”にやられた…細貝「自分のミス」

[ 2011年12月6日 06:00 ]

<アウクスブルク・シャルケ>競り合う細貝(右)

ブンデスリーガ・第15節 アウクスブルク1―3シャルケ

(12月4日)
 アウクスブルクの日本代表DF細貝萌が“スペインの至宝”にやられた。1―2の後半40分、相手CKでマークしていた元スペイン代表FWラウルにダメ押し点を決められ「自分が(マークを)離したので自分のミスによる失点」と反省。

 中盤の底でパスを散らし攻守にハードワークしたが、チームは敗れて最下位を脱出できず「自分たちの(プレーの)質が低い。自分も頑張らなきゃいけない」と巻き返しを誓った。また、シャルケのDF内田はベンチ入りしたが出番がなく、日本代表対決は実現しなかった。(ゲルゼンキルヘン・三村祐輔通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース