高木善、左FW先発デビュー 定位置獲りへ手応え

[ 2011年12月6日 06:00 ]

<ユトレヒト・トウェンテ>移籍後初出場し競り合うユトレヒトの高木善朗

オランダリーグ・第15節 ユトレヒト2―6トゥエンテ

(12月4日)
 オランダデビューを果たしたユトレヒトのMF高木善朗(18)が定位置獲りへ手応えをつかんだ。

 リーグ15戦目の初出場で3―4―3の左FWで先発。「凄くうれしかった。ペース配分を考えずマックスで行った」と開始53秒でシュートを放つなど積極的に仕掛けた。CK、FKのプレースキッカーを任されてチャンスをつくり「楽しかった。思っていた以上にやれたと思う」。

 ワウタース監督から「ボールを持ったときの判断能力に優れている。出来には満足している」と合格点を与えられた。後半に足がつって同24分に交代し体力面に課題を残したが、後半戦に向けて「スタメンにガッチリ定着することが一番の目標」と飛躍を誓った。(ユトレヒト・堀秀年通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース