オリヴェイラ監督退任 後任にジョルジーニョ氏浮上

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督(61)が今季限りで退任することが5日、発表された。後任には鹿島OBの元ブラジル代表DFジョルジーニョ氏(47)らの名前が挙がっている。

 07年の就任から5年連続で計6個のタイトルを獲得。クラブからは来季契約延長オファーを受けていたが、東日本大震災後に母国ブラジルに戻った家族の強い要望もありチームを去ることを決断した。中東や中国のクラブからもオファーを受けているが、来季はボタフォゴ(ブラジル)で指揮を執ることが濃厚。「最低1年はブラジルに戻る。また日本に戻って来たい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース